オーストラリアで運転 国際運転免許証 取得について

ブログ

今回は国際運転免許証 (International Driving Permit) について書きます。

国際運転免許証とは?

私の場合はオーストラリアで運転をする為にこの免許証を持っているのですが
オーストラリアに限らず、この免許証を保持すると80−90か国ほどで運転が認められています。
国際運転免許証の取得方法や概要のみを知りたい方はスキップして読んでください。

オーストラリアの運転事情

では、まず私の経験をふまえオーストラリアの運転事情から書きます。
運転事情は各州によって違うみたいですが
簡単にまとめると、オーストラリアで運転するには3つほど方法があります。
1.オーストラリアで運転免許を取り、その免許で運転する
2.日本の免許証とそれを英語翻訳したもの両方を携帯し運転する (日本の運転免許証が取得済みの方)
3.国際免許証を日本で取得する (日本の運転免許証が取得済みの方)
私は3を選びました。
(余談)
オーストラリアでは
・路上駐車が多い
・ランナバウト(Roundabout)が多い
・スピードバンプ(Speed bump)が多い
みなさんもだと思うのですが私はサスペンションが緩い時の音が嫌いなのでスピードバンプ走行時はゆっくり走りましょう。。そしたらサスペンションにも優しいので!
あと、留学中、日本の運転免許証の生年月日が和暦ではなく西暦だったらいいのにって思ったことありません?

取得方法

申請時に必要な提出書類
・運転免許証
・パスポート
・写真1枚
・手数料 (¥2350)
・印鑑

申請先(日本国内)
警察本部か警察署に行きます。私はいつも警察本部で交付してもらいます。警察本部では当日その場で交付してもらえます!警察署だと10日ほどかかるみたいです。。

有効期間
1年間

ですので有効期間が切れると新しい国際運転免許証を取得しに警察本部や警察署に行く必要があります。手続きは同じです。これは私が過去に取得した4つの国際運転免許証です。

この写真の右を見ていただくとBの欄に印鑑が押されていると思います。私のように日本で普通自動車免許を持っているのならBの欄に押されます。なのでみなさんがどの種類の免許証を持っているかで印鑑が押される欄が違います。そして、国際運転免許証を取得すると日本の免許書の裏側にこのようなスタンプがつけられます。

今回はここまで。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました