オーストラリアの大学 正規&自費留学 STORY(6)Bachelor degree: WSU編入 編

大学 Uni

ワーキングホリデー終了と学生ビザ再取得

2016年4月、ワーキングホリデービザが終わります。SIBT修了〜このビザが切れるまで、数多くのお仕事をしました。休みがありませんでした。遊びませんでした。節約をたくさんしました。遂に大学に戻るときが来ました!学生ビザを申請し、無事に発給されました。(学生ビザって何度でも発行されますよね♪)

西シドニー大学2年次編入

やっと大学に戻ることができました。もともとはSIBT修了後マッコーリー大学に編入する予定で渡豪した私でしたが、これまでの記事を読んでくれた方はご存知のように私には経済的な問題がありました。
留学での経済的な問題は致命傷です。マッコーリー大学を含め、シドニー大学など留学生に人気の大学は他の大学よりも学費が高い!人気の大学=留学生が多い=学費が高くても留学生は来る。このサイクルでオーストラリアの経済は回っています。マッコーリー大学やシドニー大学などランキングが上位な大学は留学生に人気で学費を高くしても学生が来る。。私たち留学生が落とす大金はオーストラリアの第三収入あたりではないでしょうか?
私にはマッコーリー大学は高すぎるので、西シドニー大学に編入することにしました。費用の面、そしてビジネス学生が多いということを知り、この大学で学ぶことを決めたのですが、通学してみるとたくさんの西シドニー大学の良いところを見つけました。

キャンパス

西シドニー大学はシドニーに6つキャンパスがあります。最初のセメスターはParramatta South Campus(Parramattaにあります)というメインキャンパスに通学していたのですが、新しくParramatta City Campus (こちらもParramattaにあります)が建設され、ビジネス学生の為のキャンパスということで、2017年のAutumn Session以降〜卒業までは、このParramatta City Campusに通学しました。

給付型奨学金

西シドニー大学のみならず、オーストラリアにある大学では数々の給付型の奨学金があります。下記の奨学金のように大学のウェブページでは簡単に検索することができます。入学前に大学に問い合わせてみたり、ウェブで検索してみることを強くお勧めします。

学部・専攻とその教科(または科目)と単位

私はSIBTで取得したDiploma同様、西シドニー大学Bachelorでもビジネスの国際ビジネスを専攻しました。Bachelor of Business major in International Businessです。通常、私たちのような学生ビザを保持し就学している留学生(International Student)はフルタイムで(1セメスターにつき4教科)就学しなければいけません。それが学生ビザの規定です。

You are required to enrol in a full time load of 4 units, or 40 credit points, for each teaching session. This is a condition of your Student Visaと書いてありますね。これは学生ビザにも書いてあります。

私の場合この規定を十分に理解しておりましたが、1セメスター毎に4教科も取ると学費を支払うのが困難になるので、こっそり1セメスター3教科ずつ取っておりました(卒業前最後セメスターは4教科でした)。国内学生(Domestic Student)とは違い、私たち留学生は毎セメスター4教科取らなければいけません!
私は、毎セメスターびくびくしながら3教科を取り続けていたのですが、ちゃんと卒業できましたし、卒業後のGraduate Temporary Visaも問題なく取得できました。運が良かっただけでしょう。皆さん真似するのは危険です。大多数の方は家族からの経済的サポートや学生ローンを借りながら留学していらっしゃるとは思いますので。。

さて、西シドニー大学では卒業するために取得しないといけない単位は240単位です。(1科目=10単位ですので合計24教科)しかし、前回の記事でお伝えしたように、私はSIBTからの80単位(8教科)を移行したので西シドニー大学では160単位(16教科)のみ取りました。

西シドニー大学のウェブには「どの教科を、どのセメスターで取ったらスムーズに過ごせるよ〜」なんていう入学(最初のセメスター)から卒業(最後のセメスター)までの計画書?のようなものが載っています。下記のものはBachelor of Business major in International Business学位を取得した私が参考にしたものです。学生の専攻・フルタイムかパートタイムかによって違います。

左がフルタイム学生用(留学生・国内学生)で、右がパートタイム学生用(国内学生)です。オーストラリア人など国内学生(Domestic Student)はパートタイムでも大学に通えますが、その場合最大6年間かかるみたいですね。このカリキュラムにそのまま沿って教科を取る方が良いです!毎セメスター開講していない教科も数多くあるので、「今のセメスター3教科しか開講していないから3教科しか取れない!」とかなっちゃったら留学生は学生ビザの決まりを破っていることになります。必ず4教科取ってください!(私のことはさておき←)

さて、こっそりセメスター毎に3教科ずつ取っていた私ですが、実際に私がどの教科をどのセメスターで取っていたかはこんな感じです。SIBTからの単位があるので西シドニーで取った教科は合計16教科です。

2016 Spring Session
200591Introduction to International Business
200909Enterprise Law
200912Enterprise Leadership
2017 Autumn Session
200864Managing in the Global Environment
200910Financing Enterprises
200915The Service Enterprise
2017 Spring Session
200094International marketing
200815Globalisation and Sustainability
200911Enterprise Innovation and Markets
2018 Autumn Session
200300Managing People At Work
200863Leadership and Entrepreneurship
200918Design Thinking for Creativity
2018 Spring Session
200098The Markets of Asia
200589Export Strategy and Applications
200590International Business Project
200626International Business Strategy

学費

現在(2020年)Bachelor of Businessの学費を大学のウェブで検索すると1年あたりAU$28,080のようです。(留学生の学費)

オーストラリアの大学は3年間なのでAU$28,080×3=$84,240(入学から卒業までにかかる費用)です。
では1教科あたりいくらでしょうか?1年間は2セメスター制、1セメスター毎に4教科取らないといけないので、1年間で8教科取ることになります。AU$28,080÷8=$3510!1教科あたりAU$3510だなんて西シドニー大学も随分学費を取るようになりましたね〜。びっくりです。ちなみに留学生と国内学生では学費は違います。

学費は毎年確実に高くなってきておりますが、私が在籍していた2016年(入学時)のときの学費はというと、、1年間でAU$23,560で、1教科あたりAU$2945でした。(下:参考)

2020年現在、1教科あたりAU$3510も取る西シドニー大学ですが、これでも他の人気大学より学費が安いです。私はセメスターが始まる毎に3教科分の費用を自分のネットバンキングから大学の口座に支払いしていました。

アルバイト

歯科助手・受付として働いていました。歯科についての記事はブログでチェックしてくださいね。

全単位取得と卒業

SIBTからの単位移行の80単位と西シドニー大学での160単位で240単位になり晴れて卒業です!
ちなみに卒業するのにもお金がかかります!卒業セレモニーに着るガウンに!
学位が上にいく毎に高くなるのですが、学士号の場合AU$339かかります。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました